スポンサーサイト

  • 2012.04.05 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録

    • 2011.11.16 Wednesday
    • 17:27

    一発抱かせると、面白いように筆が乗る―――。
    俺が担当している波木光司は売れっ子のミステリ作家だ。
    童貞の先生にラブシーンを書かせる為ヤってから、
    先生はすっかり俺の恋人気取り。
    気持ちよければ男も女も相手をする節操なしの俺と違って
    純情一途な先生には、
    たまにイラっとさせられるが、看板作家の機嫌取り、と割り切っていた。
    ところが、ある日「女の子と遊んできます」と先生から生意気な電話がかかってきて…!?
    売れっ子作家(ヘタレ)×ドS編集(淫乱)vの表題作ほか、
    天然&魔性のアホっ子に振り回される優等生のドッキドキラブも収録!

    (出版社より)


    波木光司・売れっ子ミステリ作家・奥手な27歳 × 猪又・担当編集者・ドSでバイの快楽主義者


    初読みの作家さんです。

    スーツ&眼鏡萌えな方からお借りしましたw

    ドS編集者とエンジェルな作家さんの話。
    なのに編集者の方がネコねw
    誘い受けバンザイw
     
    でもこの話より、優等生とおバカちゃんの話の方が好きです。
    個人的に165頁の「がし」からの「パコパコ」の件がツボww


    初めてレビューっぽいレビュー書いたな。
    こんなんでいいのかしら??